どこよりも高く売りたい

どこよりも高く売りたいと思うなら、宝石買取業者選びは慎重にしてください

随分と昔に誰かからプレゼントされた貴金属とか、自分でお金を貯めて購入した宝石などが引き出しの奥で眠ったままにはなっていませんか。捨てずにとっておけば、いつか身につけることがあるかもしれないと思っているのでしょうが、ジュエリーのデザインにも流行り廃りがありますから、あまりに古いものですと、実際に日の目を見ることはないと思った方がよいでしょう。下手をすると、自分が死ぬまでそのままで、死んだあとに形見分けされる品物の一つになってしまうだけかもしれません。

それでは、あまりにもったいないと思います。たとえアクセサリーとしては使えなくても、宝石や貴金属としての資産価値は残っているのですから、それを有効活用するべきだと思うのです。引き出しの奥に眠らせておくだけでは、銀行預金のように利息がつくことはありませんし、間違ってゴミと一緒に処分してしまう可能性もあるのです。私の祖母は、実際に大切な指輪を間違って捨ててしまい、死ぬまで後悔してました。そのようなことになってしまう前に、良い宝石買取業者を見つけて売ってしまうことをおすすめします。 最近は、宝石買取業者の数が増加傾向にあり、テレビでコマーシャルを流しているような所もありますし、新聞にもよく折込広告が入っています。

実際に街を歩いていても「宝石買取」の看板を掲げた店舗をよく見かけますし、インターネットで検索してもズラズラーッと店がヒットするので驚いてしまうほどです。なぜ、そんなに業者の数が増えているのかというと、やはり儲かるためなのです。でも、よく考えてみてください。宝石買取業者は客から買い取った宝石を他所に転売してその差額で利益をあげるのが普通です。つまり、利益を多くあげるためには、なるべく安く買い取って、それを高く転売することが必須になってくるわけです。従って、売る側としては、必要以上に安く買い叩かれてしまわないように十分注意する必要があるのです。

「どこよりも高く売りたい」と思うなら、買取業者の選択には充分に気をつけなくてはいけません。デカデカと「業界最高値で買い取ります」などとうたっていても、よく見てみると、非常に高い手数料がかかるシステムになっていたりする場合が多いです。いくら宝石の価値を高く評価してもらっても、それ以上に手数料を取られてしまっては何の意味もありません。今まで大切に取っておいた宝石なのですから、少しでも高く買い取ってもらいたいと考えるのは当たり前です。皆さん、業者選びには最大限の注意を払うようにしてください。

Menu

ジュエリー買取Q&A
どこよりも高く売りたい
小さな宝石
見えない取引への不安
代金の受け渡し
売却した品物のその後
サイトマップ

reccomend

アレキサンドライト
アレキサンドライト
光源の種類によって色が変わるアレキサンドライト効果を示す、緑もしくは赤色の宝石です。

アンデシン
アンデシン
黄、赤、オレンジ、緑色の宝石であり、コンゴ共和国に産出するアンデシンの中にはアレキサンドライト効果を示して赤色から緑色に変色をするものもあります。

アンドラダイト
アンドラダイト
カルシウムと鉄を含んだガーネットであり、アンドラダイト系ガーネットとして、緑色をしたデマントイドや黄色をしたトパゾライトなどに細分されます。